上部内視鏡検査(胃カメラ検査)

東京メトロ千代田線・常磐線「綾瀬駅」徒歩1分

一般内科外来
受付時間
内視鏡検査
午前9:00~12:15
午後3:30~6:15
整形外科外来
受付時間
午前9:00~12:15
午後3:30~6:15

整形外科外来は予約不要です。
お電話にて空いている時間をご案内いたします。

一般
内科
午前 9:00 ~ 12:15
午後 3:30 ~ 6:15
休診 水午後 土午後 日午後 祝日
整形
外科
午前 9:00 ~ 12:15
午後 3:30 ~ 6:15
休診 水 土午後 日 祝日

受付時間外

総合お問い合わせ窓口・ご予約
050-1709-1530

胃がんなどの早期発見・早期治療のため、消化器内視鏡専門の医師が検査を行います。

内視鏡検査について

内視鏡検査は、細長い管の先端に小型カメラを口、鼻あるいは肛門より挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察する検査です。令和2年の人口動態統計月報年計によると、日本人の死因順位の第1位は悪性新生物<腫瘍>で、その中で多くの割合を占めている胃がん・大腸がんの早期発見に、内視鏡検査は有効とされています。早期の段階では無症状なので、早期発見につなげるためには定期的な検査が推奨されています。近年は技術の進歩により、検査時の苦痛を軽減しつつ、精度が高い検査が可能になりました。応用範囲も広がったことで、診断から治療にまで用いられる広く普及した検査方法です。

上部内視鏡検査(胃カメラ検査)とは

上部内視鏡検査、いわゆる胃カメラ検査では先端にカメラのついた細いスコープを用いて食道・胃・十二指腸に異常が生じていないかを観察し、異常が疑われた場合には一部の組織を採って調べる組織検査を行います。

胃カメラの歴史は古く、起源は19世紀にまでさかのぼりますが、光学技術の発達によって現在では非常に精度の高い検査が可能になっています。バリウム検査だけでは観察しきれない胃内部の色調の変化や出血の有無などが確認できるため、胃がんの早期発見につながる検査といわれています。従来、胃がん検診ではまずバリウム検査が行われ、その結果異常が見受けられた場合に二次検査として胃カメラ検査が行われてきました。しかし、上述の通りバリウム検査だけでは発見しきれない早期胃がんもあることから、2016年2月に厚生労働省が示した「がん予防重点教育及び検診実施のための指針」の中では、バリウム検査と同様に胃カメラを胃がん検診に推奨されることになりました。

当院では、大学病院などにも導入されている内視鏡システムを用いて、消化器内視鏡専門の医師が検査を行っています。

胃カメラで早期発見できる主な疾患

胃カメラで発見できる主な疾患は以下になります。

  • 胃がん
  • 食道がん
  • バレット食道腺がん
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃・食道粘膜下腫瘍
  • 逆流性食道炎
  • ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎(慢性胃炎・萎縮性胃炎) …など

早期のがんは本人にほとんど自覚症状がないため、定期的な胃カメラ検査が胃がん・食道がんの早期発見の可能性を高めます。また、バリウム検査では不可能な生検(組織を採取し顕微鏡で検査すること)ができることも、がんの早期発見につながる胃カメラ検査の大きなメリットといえます。

また、胃潰瘍や胃がんの原因菌であるヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染有無の検査にも胃カメラを用います。検査の結果、ピロリ菌感染と診断された場合は除菌治療をします。治療は経口薬による一次除菌・二次除菌を行い、ほとんどの方が二次除菌までに除菌に成功しますが、少数の方においては除菌しきれない可能性があります。そのような方をフォローするため、当院では三次除菌まで行うことが可能です。三次除菌については使用するお薬や保険の適応方法などに違いがありますので、詳しくはお問い合わせください。

ピロリ菌の除菌をすることで胃がんのリスクは大きく減りますが、胃潰瘍や胃がんにかかるリスクが全くゼロになるわけではありません。ピロリ菌に感染している期間や感染領域の大きさにより、胃の粘膜が正常に戻るまで時間がかかるため、定期的な胃カメラ検査で胃の状態を確認することが大切です。ピロリ菌除菌後は、年に1度の内視鏡検査を継続して行うことが推奨されています。

経口内視鏡(口からの胃カメラ)と経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)

「胃カメラ検査は苦しい」というイメージを持たれる方は多いのではないでしょうか? 苦しいと感じる主な原因は、スコープが喉を通るときの違和感や不快感です。特に舌の付け根の部分を刺激されたときに起こる嘔吐反射(えずく・吐きそうになる)で苦しい思いをする方が多いのは事実です。口から入れる経口内視鏡の場合は、苦痛を伴うことを理由に胃カメラ検査を避けたいと考える方もいらっしゃいます。そのような背景もあり、細径のスコープで鼻の穴から胃カメラを入れることで舌の付け根を刺激せず、嘔吐反射や身体的苦痛を減らすことを目的として開発されたのが細径内視鏡です。開発当初の細径内視鏡は、経口内視鏡と比較すると左右アングルがない、画像が荒いなど多くの問題点がありましたが、近年では問題点が改良されており、経口内視鏡による検査と遜色のないものとなっています。当院で導入している細径内視鏡は従来の経口内視鏡と同等のスペックを持っており、現在では細径内視鏡を用い、経口内視鏡および経鼻内視鏡検査を行っています。

経口内視鏡のメリットとして、たとえば、検査だけではなく内視鏡治療まで行う場合においては、経鼻内視鏡では切除用処置具の通過が困難なので原則として経口内視鏡を用います。また、鼻の粘膜が弱い方は出血する可能性があり、鼻腔の狭い方は細径のスコープでも通らないため経口内視鏡での検査になる場合があります。

経口内視鏡と経鼻内視鏡の特徴
経口内視鏡 経鼻内視鏡
内視鏡の太さ 9.2mm 5.5~5.9mm
治療 高度な治療にも対応 組織検査まで可能
嘔吐反射 個人差あり 少ない
検査時間 10分程度 15分程度(鼻腔麻酔時間含む)
検査中の会話 不可 可能

胃カメラ検査を受けた方がよい方

一般的に、胃カメラ検査は40歳から2~3年間隔で検査を受けた方がよいと考えられています。しかし、消化器のどこかに不調があると、下記のような症状が見られることがあるので早めの検査による早期発見で治療の成功率を上げることが大切です。

また、ご家族(特にご両親)にピロリ菌が発見された方や血縁に胃がんの方がいらっしゃる場合、リスク評価のため検査を受けた方が良いと考えられています。

消化器不調がもたらす代表的な症状
● げっぷ・胸やけ・消化不良
● 腹痛(慢性的な腹痛、急に強くなる痛みなど)
● 吐き気・おう吐
● 下痢(感染によるもの、原因不明など)
● 便秘(繰り返す便秘、一時的な便秘)
● 食べ物が飲み込みにくい
● 便に血がついている
● 食事の量が減ってきた・痩せた

また、胸痛や咳、喉の痛みといった消化器とは関係の薄そうな症状も、消化器の疾患が原因となっていることがあるので注意が必要です。

日本人の死因でもっとも多いのは「がん」であり、特に胃がん、大腸がんはその上位に位置しています。しかし、適切な早期発見と早期治療を行うことができれば5年生存率を高めることができます。当院では、患者様の自覚症状やこれまでの病歴、各種検査の結果などから原因を発見して早期発見・早期治療を目指しています。

受診方法

当院では、消化器内科分野における代表的な症状および疾患について、幅広い診療を行っております。胃や腸など消化器においても消化器内視鏡専門の医師が診断と治療を行います。胃がんなど消化器疾患の早期診断・早期治療のために、最新の内視鏡システムで検査を行います。

[総合お問い合わせ窓口・ご予約]
050-1709-1530
受付時間:8:30~18:30(水曜日・土曜日・日曜日は12:30まで、休診日:祝)